葬式費用の相場を知ろう

故人を送り偲ぶ葬儀は、とても大切なセレモニーですが、費用は予想以上に高くついてしまうかもしれません。

SITE NAVI
葬式費用の相場を知ろう

葬儀の費用は思った以上に嵩んでしまうものです!!

葬式費用の相場を知ろう
自分は今、40代の後半の年齢ですが、既に2度の喪主を経験しています。
最初の機会は、まだ19歳の時でしたから、ただただ周りの大人の方々に教えて戴き、無我夢中だったため、葬儀の費用だとか、それに付帯した費用が一体どれくらい掛かったのか意識するまでには至りませんでした。

そして、社会人となり20代の後半で、再び喪主を務める事となり、初めてセレモニーホールの担当の方と、具体的な費用を相談させて戴いたとき、予想以上に出費が多い事に驚きました。

先ず、会葬者や、身内の方々から戴いた「お香典」が、主な収入となる訳ですが、一体、どれほどの方が会葬して下さり、どれくらいの額を戴けるのか全く予想が付かないのに、香典返しに掛かる経費、お花や供物の経費、祭壇に掛かる経費、遠方から来て下さるだろう縁者の宿泊先やその交通費など、数え上げたらキリがないほど多くの経費が掛かる事を知り、故人の生前の生き方と人となりを良く考えて、恥ずかしくないものにしないといけませんでしたから、とても悩んだものでした。

葬儀の費用もさることながら、やっぱりもっと悩んだのが、埋葬と戒名料です。
私は、檀家であるお寺さんのご住職様にも相談し、あえて、院号を用いない戒名としました。その方が、故人にふさわしいと思ったからです。
そして、全ての費用を大雑把に換算すると、正しい金額まではもう覚えていませんが、300万円近く掛かったと思います。
幸い故人の蓄えもあったり、皆様方からの香典も有難く使わせて戴いて、赤字にならずにすみました。

おすすめリンク

Copyright (C)2017葬式費用の相場を知ろう.All rights reserved.